Photo
123 グループホーム・ノーブル
木造のグループホームをつくる
一覧へ戻る 木造の看護婦宿舎を改修して2単位のグループホームとしました。
生駒山西麓の旧い集落の中に木造で建てられた宿舎で、20年ほど前の設計です。お向かいの住宅は120年位前のお宅です。他の多くの家もおなじくらい旧いようです。その街並になじむようデザインしました。改修前はパブリックスペースはほとんど1階にしかなかったので、今回は2階を一部増やして、居間、食堂、台所、浴室の1セットを増やしました。廊下階段等すべてに手摺をまわし、車椅子用の便所も1,2階各1ケ所新設しました。
  

住宅

リノベーションして住む

断熱工法を探る

3世代の住む家

仕事場のある家

介護のための空間

日だまりのある別荘

都市に住む

都市のエレメント

変化する医療と福祉

拡大する知のシステム

大学キャンパスをつくる

建築家に依頼するメリットとは?

よくある質問

プロフィール

アクセスマップ

リンク

お問合せ

ページの先頭に戻る↑